いぼやほくろが発生する原因とは?

気づくと顔や体に出来ている黒い点、多くの人がほくろだと考えますが、実はその多くはいぼだとされています。
いぼとほくろは、見た目が似ているため、簡単に見分けがつかない場合が多いようです。
しかし、実際は発生の原因が異なっており、全くの別物だということができます。
まずいぼは、皮膚の表面が変化することによって発生します。
そのため、ウイルス感染や老化などが原因で発生することが多くなります。
また、刺激を与えることで、数が増えたり、大きく成長してしまうことがあります。
これに対してほくろは、皮膚の内側から発生してきます。
メラニンを作り出す細胞が一部分に集約されることで発生します。
通常、ほくろは先天的なものですので、大きくなったり、新しくできるということはあまりありません。
このようにいぼとほくろでは発生する原因が根本的に異なっています。
どちらも、ほとんど良性の物が多く。害はありませんが、色や形に変化が起こったり、出血があった場合には、医療機関で検査を受けることが必要です。

ibo01

いぼとほくろの違いと見分け方

顔に出来るいぼやほくろは似ている場合がありますが、それぞれの違いや見分け方を知ることは大切なことです。
顔のほくろは、黒子とも書き皮膚の上で黒くなったものです。
ほくろはメラニンが作り出す細胞が集まり出来たもので、メラニン色素が、皮膚の新陳代謝で排出されずに残ったものです。
ほくろの中には、盛り上がっていぼのようになるものもあり、急に大きくなったり、出血する場合は、皮膚がんの可能性があるため、早急に皮膚科を受診します。
顔にできるいぼは、ウィルスに感染したものが一般的で、良性の腫瘍と考えることがあります。
吹き出物などに似ていることもあり、見間違えてしまう可能性もあります。
ホクロといぼの違いや見分け方は、ホクロは皮膚の上に点状にあり、狭い範囲に数多くできることは殆どありません。
広い範囲に数個できることが殆どです。
顔のいぼは狭い範囲に数多くできます。
感染によるものなのでイボに触れた手で他の部分を触ると感染することもあります。
また、イボはホクロよりも突出しているものが多く、直径も大きい場合が多いです。
ホクロは皮膚がんの可能性のあるものがあったり、イボも悪性のものは放置すると危険な場合があるため、どちらか違いや見分け方がわからない場合は、皮膚科など病院を受診することが大切です。

ibo02

ほくろやいぼには、どんな種類があるの?

身体に、いつのまにか出来ているほくろやいぼですが、どんな種類なのか気になります。
ほくろは、メラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)が変化した母斑(ほくろ)細胞が、皮膚の一部に密集してできます。
色は肌色に近いものから、茶褐色、黒色と様々です。
主な種類は、皮膚のいくつもの層に母斑細胞が重なってできる色素性母斑(しきそせいぼはん)、皮膚の浅い部分にできた単純黒子や老人性色素斑、また、そばかすもほくろの一種です。
一方いぼは、小さな傷からウイルス感染するものと、加齢によるものなどがあります。
原因となるウィルスは、ヒトパピローマウイルス(HPV)です。
このウィルスが原因のいぼの種類は、小さな肌色のプツプツが手の甲などにできる扁平疣贅(ゆうぜい)、顔、手足にできる尋常性疣贅、足の裏にできる足底疣贅があり、それぞれ原因となる、ヒトパピローマウイルスの型が異なります。
ほくろと間違われがちな、いぼの種類は、茶褐色または黒い老人性疣贅で、老化現象の一つですが、まれに若い人にもできることがあります。
血管の奇形によりできる数ミリ程度の小さないぼは、血管腫といわれます。
危険なものをしては、メラノサイトが癌化した悪性黒色腫、メラノーマがあります。

ibo03

かゆいのは危険?

いぼやほくろにかゆみがある場合、体の大変な病気のサインであることがあります。
ウイルスが原因のイボや、年齢を重ねてできてしまう加齢性のイボは、基本的に放置していても問題ないことがほとんどです。
しかし、急激に増えたり、かゆいなどの症状が出た場合、消化器などの悪性腫瘍、つまり癌が要因になり、イボが発生している可能性があります。
加齢に伴うものの多くは、日焼けする部分に出来やすいのですが、癌が原因のものは全身に広がります。
このような症状があるときには早めに病院を受診して異常がないかを確認したほうが良いでしょう。
ほくろの場合も、かゆい症状を伴えば悪性腫瘍が疑われます。
もちろんすべてではありませんが、悪性腫瘍は発見が早ければ早いほど治療もしやすく、命を救える可能性も高くなるので早く発見することが重要です。
ほくろがかゆい、どんどん大きくなる、さらには黒いところとそうでないまだらな部分が目立つような場合は、メラノーマといって比較的悪性度の高い悪性腫瘍も疑われますので、早めに皮膚科を受診して確認することが重要です。

ibo04

特にイボについて気になるならコレ!

ここでは、いぼとほくろの話をしていきました。
もしあなたがいぼについて気になっているということでしたら、イボについて詳細解説しているサイトを見てみてください。
こちらのサイトがお勧めです。
イボコロリ成分
有名な商品ですので、イボについての情報も多いです。

特に首のイボに関する情報では、もっとたくさんのイボ情報を知ることができます。

首のイボにも色々な種類がありますが、比較的多いのが小さい黒いものがぽつぽつとできる症状です。この黒いイボにもいくつかの種類があり、老人性イボとも呼ばれるのが老人性ゆうぜいというものです。
そのような情報をあつめたのがこのサイトです。
おすすめの情報サイト:首のイボの種類
いろいろと参考になる情報が集められると思います。